老後の資産形成の必要性

老後2,000万円問題の嘘|30代会社員、年収400万円の実例と老後戦略

今回の時期では老後2,000万円問題の嘘について紹介します。

その中でも30代で年収400万円の会社員に向けて解説していきます。

 

突然ですが、老後2,000万円問題って知ってます?

文字通り"老後を生き抜くには2,000万円必要でっせ!"ってやつなんですけど・・・

 

老後1,000万円問題と言ったり、老後3,000万円問題だよ!と言ったり、話がコロコロ変わっている印象があります。

老後2,000万円問題は嘘だったの?と言われるとそうでもないです。

 

人それぞれ、生活水準も違うし貰える年金も違うので、2,000万円必要な人もいるということです。

この記事を読むと以下のことが分かります。

【30代、年収400万円会社員目線で】

老後資金がいくら必要なのか知りたい。

自分が年金をいくら貰えるのか知りたい。

老後2,000万円問題の対策方法を知りたい。

老後2,000万円問題は“人による”

結論から言うと老後2,000万円問題は“人による”です。

「国民年金」しか貰っていない人と「国民年金+厚生年金」を貰っている人の年金額が同じではありません。

厚生年金分、豊かな生活をすることが可能です。

 

会社員は、事業主が厚生年金に加入しているか確認しましょう。

例えばトヨタ自動車を見ると「採用情報」で”厚生年金保険”と記載があります。

その他にも社内規定を確認する方法などあります。

メモ:年金を貰う側になると年金の呼び方が変わる。

国民年金 ⇒ 老齢基礎年金

国民年金+厚生年金 ⇒ 老齢厚生年金

自分の月の収支を把握しないと話にならない

老後2,000万円問題では、まず自分自身の月の収支を把握することから始める必要があります。

老後に幾らの年金を貰うことができる?

月に幾らで生活をしている?

収支が分からないと、スタートラインにも立てないので確認をしましょう

 

老後に幾らの年金を貰うことができる?

年間いくら年金が貰えるのかを知る方法は自分で計算する方法もあるし、年金定期便で知る方法があります。

貰える年金の額は自分で計算できる。

年金定期便で知ることができる。

自分で計算をする場合は以下のシミュレーションサイトを使うのが楽ちん。

年金シミュレーション

 

僕の場合、60歳から貰うなら月10.4万円貰えるかな~って感じ。

妻が月9.3万円なので合わせて月20万円弱

 

計算が面倒な方は年金定期便を見ると書いてあります。。。

 

ネンキンテイキビン・・・!?!?

 

おいおい、まさか捨てたなんて言わないよね??

 

って言いながらも僕ね「なんか良く分らんし!」ってことで捨ててましたぁぁぁ!!

ちなみに年金定期便は誕生月に送られてくるから、気長に待てば知ることができる。

年金定期便は誕生月に貰える!無くしても待てば何とかなる!

 

月の支出の計算しよう!

僕はエクセルで自分の収入と支出を管理しています。

画像では項目ごとに分けていますが、「収入・支出」の2項目が分かれば十分。

 

ちなみに我が家の月の生活費は月14万円。

それなりに節約生活をして月14万円ですし、老人になると何かと出費がかさむため+3万円余裕をもって見ておいた方が良いです。

月の支出を把握。+3万円ほど余裕を持って金額を設定。

 

あなたは老後〇〇万円問題?

あくまでも僕の家庭の話では、月20万円の年金に月17万円の支出。

20万円-17万円=3万円黒字

 

このまま働き続ければ月20万円の年金が貰えるため、老後2,000万円問題は関係なくなります。

なんだ、やっぱり老後2,000万円問題は嘘じゃん!と思ってはナンセンs!!

 

「このまま働き続ければ」ってのと、「夫婦2人の場合は」ってのがポイントだよねぇ。

病気して働けなくなりました!

今よりも年収が下がりました!

夫・妻が亡くなりました!!

 

十分アリエール。

何ならコロナにより年収下がったんだよねーって、心当たりのある人いますよね?

 

仮に60歳に僕が亡くなった時はどうなる?

以下の条件で、妻が60歳以降にいくらの貯蓄が必要なのか計算をしてみました。

妻の年金9万円

月の支出14万円(仮)

(女性の平均年齢)88歳まで生きる

月5万円の赤字が60歳から28年間続くと1,680万円!!

あら不思議、2,000万円問題関係なしの地位から年金1,680万円問題に転落しました。

 

月の支出14万円のポイントは僕がいなくなっても月の支出があまり変わらない点ですよね。

例えば一人暮らしになったから家賃を半額に!!なんてできない。

 

固定費が我々を殺しにかかってくるから注意が必要です。

 

それにさ、自分がいつまで生きるのかって予想できなくね?

もし60歳で僕が亡くなり、妻が100歳まで生きたら2,400万円の赤字になります。

何年生きるのか?によって必要金額が変わる。

月いくら不足して、60歳以降何年生きるのか?

それにより必要な金額を以下に記載しましたので参考にしてください。

老後2,000万円問題の解消方法

まず老後に向けて2,000万円を貯めよう!って無茶じゃない?と思っています。

100歳まで生きたら2,000万円以上必要っぽいし。。。

 

そもそも、この貯金であと何年今の暮らしができる。

あと何年、あと何年、、、とお金のことで頭がいっぱいの生活で良いの?

そんな人生は凄くみじめだと思うんですよね。

 

なので、あなたの取る道は「投資」の道でござる!

それも高配当投資の道を取るのでござる!!

月5万円投資

年率3%運用

上記の条件で運用を行えれば、24年目に老後資金2,000万円を貯めることに成功する。

しかも元本1,400万円、運用益600万円なので600万円分のブーストをかけることが可能に!

 

逆に投資をせず、月5万円貯金だと30年経過しても2,000万円に届きません。

投資をした方が良いですし、投資をするなら早ければ早い方が良いのが分かります。が・・・

 

ドヤ顔さん
いやいやいやいや・・・投資って損をするかもしれないじゃん?

っていう人が都市伝説ではなくガチでいます。そんなの当たり前体操じゃん。

どうしても嫌なら、投資をしなければ良いのである(`・ω・´)キリッ

 

確かに投資は怖い。

だからこそ危険を管理し、銘柄やジャンルを考えて最強の布陣を敷くことに楽しみがあるんジマイカ!!

それに30代であれば失敗をしても何度でもやり直せます。

 

最初の投資金額は小さく。

投資への理解と同時に徐々に金額を大きくするのがベスト。

スマホ証券を使うと100株単位でしか取引ができない株も1株から購入できるのでオススメなので初めての人にはちょうど良いです。

 

高配当株投資で老後2,000万円を用意する破壊力

高配当株投資で老後2,000万円達成した時は、普通に貯金をして貯めた2,000万円と価値が違います。

それは、高配当株の2,000万円が配当金で毎年お金を生んでくれるからです。

貯金の場合は全くお金を生まず、生活費の補填に消えていくだけになります。

 

この違いが分かりますか?

 

例えば60歳から年金を貰い、そこからずーっと月5万円の赤字だった場合。

90歳までに1,800万円を使い、残り200万円になります。

90歳になって「残金がヤベェ!バイトすっか!!」って、ならないでしょ!?!?逆にいると凄いけど・・・

 

高配当株投資だと2,000万円が配当金を運んできてくれます。

仮に3%の配当利回りだと年60万円(※正確には税金引かれて57万円)。

月に換算すると5万円になるので、年金が5万円足りなくてもお金が減りません。

 

まとめ

老後いくら必要なのか人によって違うのが分かったと思います。

周りと同じようにしていると破綻するので気を付けてください。

 

今回の記事では以下のポイントについて話をしました。

年金がいくら貰えるのか。

月いくらあれば余裕を持った生活が可能なのか。

老後資金はどのようにして貯めるのが良いのか。

早い段階で将来を見つめ直すと対策が取りやすいので、早めに取り組んでください☆

 

-老後の資産形成の必要性

© 2022 30代から始める老後資産形成 Powered by AFFINGER5