資産運用 本の紹介

投資本を読んだのでオススメも含めて紹介していく【2020年7月】

こんにちは、かぶゆめ速報です!

 

今回は2020年7月に読んだ投資本の紹介をしていきます。

読んだ結果、良い本も微妙な本もありました。

 

みんなが本を購入する時の参考になればと思います。

スポンサーリンク(DMM証券)

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方

オススメ度|★★★★★

 

著者である渡辺塾長の体験談や銘柄の選び方が書かれています。

 

四季報を買っても、どこを見たら良いのか?ポイントはどこなのか?分からないことが多かった。

 

そんな悩みを解決してくれる本がこの投資本!

この投資本を読んでから四季報で何を見れば良いのか分かるようになりました。

 

銘柄選びが楽しくなり、「この銘柄が10倍になったら・・・」なんて妄想が膨らんで楽しいです。

数字で示してくれるので、初心者でも分かりやすい投資本ですね。

 

僕の銘柄選びの多くは渡辺塾長に教えてもらったことが多いです。

 

株の達人が教える「会社四季報」のトリセツ

オススメ度|★★★★☆

 

最初に紹介をした本と同じ渡辺塾長が出てきます。

その他に3人の投資家が出てきて、四季報について話をしてくれています。

 

最初の本と若干似ている点もありますが、4人がそれぞれ四季報の読み方を教えてくれるため、1冊の本で4通りの方法を学ぶことができます。

 

どの人もそうですが、銘柄を選ぶ時はストーリーを大事にするようにと言っていました。

成長する過程をイメージすると言った方が分かりやすいですかね。

 

最初の本も同様にストーリーの話があるので、どちらかでも良いしどちらも読んで損はありません。

最初に紹介した方が新しいので、この本は後で読んでも良いと思います。

 

バフェットの財務諸表を読む力

オススメ度|★★★★★

 

財務諸表や賃借対照表を見て、この数値は良いのか?それとも悪いのか?気になったことはありませんか?

この投資本を読むと疑問が解決されます。

 

ウォーレンバフェットの持っている銘柄を例にあげて解説をしてくれているため、非常に分かりやすかったです。

本の質感からして、小難しい本かな?と思いましたが全然そんなことなかった。

 

一度読んだだけで覚えることはできないと思います。

何度も読み返したり、銘柄を選ぶ時に辞書のような感覚で手元に置いておくと良いと思いました。

 

個人的にはかなりの良本です。

 

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

オススメ度|★★★☆☆

 

かの有名なcis神の本です。

 

この本では手法を学ぶと言うより、どのようにして神が投資に向き合っているか等の経験談や思考、哲学を楽しむ本となっています。

 

本を読むまでは、常識だと思っていたことが常識ではなかったのに衝撃を受けました。

確かに人と違うことをするから神になれる訳であって、人と同じことをすればそれは凡人だと理解しました。

 

ただ、それでも染みついた思考を除去するのには時間がかかるため、繰り返し繰り返し読んで頭に叩き込むべき本です。

 

銘柄の選び方を知りたい人には物足りませんが、投資哲学を学びたい人にはオススメの本です。

 

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門

オススメ度|★★★★☆

 

株入門と書いているだけあって、株の初心者にオススメ。

投資歴が1年目の人、まだ投資をしていない人が読む本って感じです。

 

ある程度、投資経験のある人にとっては「こんな感じなのね~」と読み流すような本ですね。

 

証券会社の選び方から株の選び方や買い方、チャートの読み方を知ることができます。

 

投資にある程度慣れている人には必要のない本ですが、初心者はまずこの本から読むと良いと思います。

 

昇格期待の優待バリュー株で1億稼ぐ

オススメ度|★★★★★

 

昇格期待の優待バリュー株の選び方を紹介してくれています。

 

僕は凄く好きな本でした。

「東証マザーズ・ジャスダック・東証2部」等から東証1部に昇格をする銘柄の特長には何があるのか?

 

今まで何気なく選んでいた銘柄も、本を読んだおかげで違う視点から見ることができるようになりました。

凄く重要な事だと思ったので、本で学んだことを記事でも使わせてもらっています。

ファンダメンタル投資の教科書

オススメ度|★★★★☆

良本だと思います。

ファンダメンタル投資をしたい人は、この本からスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

PERやPBRはもちろん、賃借対照表、決算書の話も出てきます。

投資をしている以上、いずれはぶつかる壁なので、学ぶとしたら僕はこの本を選ぶだろうなと思いました。

 

ただ一点、僕だけかもしれませんが文字が多いなと思いました。(画像もメチャ多いです。)

情報量が多すぎて、読むのが辛かったですね(笑)

 

画像にある様に”株を買うなら最低限知っておきたい”のワード。

「さいてい・・・げん!?」と疑問に思うほど沢山の情報量です。

 

日本株独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法

オススメ度|★★☆☆☆

 

「7年で60万円を3億円にした」このタイトルに惹かれて読みました。

 

投資哲学の面もそうですし、銘柄の選び方も数字を出して解説してくれていたので参考になる内容となっています。

この本では章の要所要所にポイントとして要点をまとめてくれているので、読み返すときはポイントを見るだけで何となくイメージが掴めるのが良いと思いました。

 

本では投資家にオススメのサイトの紹介もありました。

僕自身知っているものもあれば、初めて知ったサイトもありましたよ。

 

本は投資初心者には少し難しいところがあるので、ある程度、投資をかじった人が読んだ方が良いですね。

 

2021年までまちなさい!

オススメ度|★★☆☆☆

 

Amazonでレビューが高かったから読みました。

僕には少し難しい内容だったので、投資初心者よりも中堅~の方が読んだ方が良いと思います。

 

印象に残っているのは、日本や世界経済が何年周期で好景気・不景気を繰り返しているので、それに乗って投資をする。と言った手法です。

 

個別銘柄と言うより、もう少し視点を大きく持った経済の話でした。

 

ビビッと来るものはなかったので、ブログを書いている最中も内容がうる覚えになっています。

 

専業主夫けいくんの ほったらかし投資で年収1億円

オススメ度|☆☆☆☆☆

 

Amazonでレビューが高かったから読みました。

 

「クソブック・the・month(月)」に登録。

最初に彼女に軟禁されて~の件から始まり、でも自分はペット体質だから苦ではなかった。

 

等、僕は何を読まされているのだろうか?と思うほどでした。

 

本題に入ると、ほったらかし投資ではなく数日~1週間の短期間投資で全てのページが構成されています。

笑えるくらいタイトルと中身があっていない本は初めてかもしれません。

 

短期投資の投資手法も大した目新しさがなかったので、怖いモノ見たさの人以外は見る必要はないでしょう。

 

20年7月に読んだ本の中で購入をオススメする本

以下の3冊が購入をオススメする本になります。

僕が銘柄を選ぶ時は上記の順で銘柄の条件を絞っていきます。

 

スクリーニング機能(SBI証券(公式))を使うと、会社四季報の達人の条件に合致する数を50銘柄以下に絞れます。

 

その中から特に数値の良い銘柄をバフェットの財務諸表の条件と照らし合わせて選別を行う。

 

東証1部以外の銘柄があれば、昇格期待の優待バリュー株で学んだことを活かして、昇格期待が高いのか低いのかを調べます。

みんなが気づいていないような銘柄を選ぶこともあれば、東証1部昇格までスピード感のある銘柄を選ぶこともあります。

 

次いでファンダメンタルの本が良かったかなぁ。

オススメ順は以上になります!

 

みんなのオススメ本があれば是非教えて下さい(・ω・)ノ

 

 かぶゆめ速報はブログ村のランキングに参加しました! 

記事が役に立った、応援してくれる人!

是非1クリックよろしくお願いします。

ブログ村(公式)応援ありがとうございます!

-資産運用, 本の紹介

© 2020 かぶゆめ速報 Powered by AFFINGER5