高配当株投資

200冊以上の投資本を読んだ中からガチ推薦の本を紹介

どうも!高配当株投資で老後資産形成を目指している”ながてぃ”です。

インデックス投資と違い、高配当株投資では個々の銘柄を自分で選んで投資をします。

 

初心者にとっては、分からないことだらけなので、まずは本を読んで知識をつけましょう。

ここでは、僕が200冊以上の本を読んで「これは!!」と思う本を厳選して紹介をしています。

 

投資の勉強に本をオススメする理由

僕の投資の考えや手法を100%として、内どの媒体の影響を受けたのかを考えると以下のようになります。

「本30%・YouTube10%・その他(自己流)60%」の比率で本から得られる情報が多かったです。

 

本を読むと、僕との差をほんの数日で30%分埋めることができます。

千円ちょっとで得られるメリットが大きすぎるため、コスパが最高だと思っています。

 

YouTubeでは、株式投資家YouTuberより不動産投資家の考えやお金の勉強系の動画が投資の参考になるので視聴しています。

 

① 6037:ファーストロジックのYouTubeチャンネル「楽待」が非常に参考になりました。

不動産投資を株式投資に例えるなら、どのようになるのか?を四六時中考えていましたね。

 

② 両学長 リベラルアーツ大学でお金の勉強が非常に役に立ちました。

自分の知らないお金の落とし穴がいくつも見つかったので、年齢が若いうちから見た方が良い動画です。

 

投資をするなら絶対に読むべき本

僕が読む本は行間がある程度あり、文字が少なくて読みやすい本です。

何故なら本を読むのが嫌いで、読むのが遅い部類に入るため、なるべくストレスなく読みたいからです。

では行ってみよう!

 

① 本当の自由を手に入れるお金の大学

投資を始める前に絶対に読んでほしい本です。

(YouTube)リベラルアーツ大学の本バージョンですね。

 

複数の動画の内容が1冊の本にまとめられているため、情報過多で逆に分からない状況を回避できます。

YouTubeだと有益なんだけど、たくさんの動画がありすぎて流れが分からないので本がオススメ。

 

② 史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵

125の知恵とありますが、125個も僕は覚えていません。

ただ、強烈に頭の中にある言葉があります。

 

それが「一貫性」です。

競争優位性のある銘柄に投資をすれば、事業が拡大して収益を上げ続けてくれる。

「朝・昼・夜・朝・昼・」次は?と聞かれたら「夜」と分かり切った答えのように、良いサイクルの(業績が予想しやすい)銘柄に投資をすることを学びました。

 

③ 史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

優良銘柄の基準?競争優位性?営業利益率が高ければ何でも良いのかな?

同じ営業利益率でも、より良い銘柄は何だろう?と疑問に思っていた時に、財務諸表を理解できれば・・・と思って読んだ本です。

 

複数の財務の本を読みましたが、粗利益率が〇〇%以上で~と言った具合に数字で示してくれたので理解が深まりました。

今ではネット事業の台頭により、本の内容に合致する利益率の企業が多くて何でも魅力的に見えます。

じゃあ、今ならどのような指標であれば良いのか?と、自分で考えて探せる切っ掛けとなりました。

 

④ 株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書 改訂版

バフェットの財務諸表を読んだ後に、もっと財務のことを知ることができたら、、と思って読んだ本です。

「有価証券報告書、決算短信、損益計算書、貸借対照表」のことを深く知ることができた記憶があります。

 

正直なところ、昔の記憶なので記憶が曖昧なところがありますが、読んで良かった!と思った記憶があります。

 

⑤ 生涯投資家

①~④の本は今すぐできる節約方法や役に立つ投資手法を紹介してくれました。

生涯投資家はそのような本ではなく、”投資とは”を考えさせられる本でした。

 

僕は投資を通じて何をしたいのか?何を望んでいるのか?

そもそも投資って何!?と考えるようになりました。

 

本を読んでから、世の中の役に立つことをしたい!と思うようになりました。

ブログで記事を書いているのもそうです。

自分の収益もありますが、あなたに投機ではなく投資をしてほしい!という想いもこもっています。

 

生涯投資家は投資技術を得たい人にとっては物足りないですし、理解しづらいかもしれません。

なので投資で悩んだ時や、投資の理解が深まった時に読んでほしいと思います。

 

本を読んで実践することで自然と身につく

本を読んだら、実際に本に書いている内容を活用してみましょう!

そうすれば本を手放しても、頭が覚えているのでスラスラと銘柄のポイントを抑えることができます。

 

それを何度も繰り返すと、ある時「あれ?この知識をこのように解釈して使うこともできるぞ。」と気づきます。

更に繰り返すことで、自分自身の投資手法が確立されていきます。

PDCAサイクル風に「情報収集 ⇒ 仮説 ⇒ 実践 ⇒ 考察 ⇒ 改善」をやっていきましょう!

 

僕は自分の投資手法を確立してから、雑音に惑わされることが無くなりましたし、本の良し悪しを判別することもできました。

無知は罪であることを胸に更にもう一段、レベルアップできないかと考えています。

 

今回紹介をしなかった195冊について

たくさんの本を読みましたが、残り195冊はエンタメとしては良いけど得られるものは少なかったです。

例えば個人投資家が「YouTubeで有名になったから本を出しました!」系は特にそう。

 

2番煎じ、3番煎じの内容が多かったため、読むのは後回しで良いです。

また、凄く結果を出している投資家でも、ありきたりな内容(個性ゼロ)の本を出していて残念でした。

その内容だと、誰が書いても良いじゃん!的な感じです。

 

でも、どこでどのような本が自分の役に立つのか分かりません。

先に述べた神本を探して、今後も本を読み続けていこうと思っています☆

-高配当株投資

© 2022 30代から始める老後資産形成 Powered by AFFINGER5