投資結果報告

投資結果報告|2020年7月第1周目

 

こんにちは、かぶゆめ速報です。

 

今回もやっていきます!投資結果報告。

前回は+3万円となっていましたが、7月の投資結果はどうだったのでしょうか?

 

投資結果報告|7月3日

投資金額:1,344,000円

評価損益合計:-56,856円(‐4.06%)

 

前回の報告では+3万円の含み益がありましたが、大幅に株価が下落して上記のような結果となりました。

 

原因はコロナの第二派により、”手間いらず”が大きく値を下げてしまったことです。

それと何故かALiNKも株価を下げてきました。

 

”手間いらず”とALiNKが更に値を下げるようなら買い増しも検討したいと思います。

 

では個別に評価損益を見ていきましょう!

1540 純金信託:11,844円(+5.80%)

1540 純金信託(NISA):8,500円(+4.35%)

2477 手間いらず:-72,000円(-15.16%)

7077 ALiNK:‐17,600円(-5.99%)

9467 アルファポリス:12,400円(+5.34%)

 

見てわかる通り、”手間いらず”が大きく足を引っ張っています。

今の日本の現状では、この株価の下落にも頷けるかなと思います。

 

売る予定は無く、買い増しの可能性の方が高いですね。

 

20年7月度の注目銘柄

コロナ第二派が猛威を振るっているなか、新しく購入したいなと思う銘柄が2銘柄あります。

・4446 リンクユー

・4441 トビラシステムズ

・9831 ヤマダ電機

 

リンクユーはマンガアプリの運用事業が柱のIT企業

ITを軸に金融分野にも手を伸ばしています。

 

トビラシステムズは迷惑電話を自動的に拒否、警告するシステムを開発しているIT企業

※トビラシステムズは事業内容が好みではないから、下がっても買わない可能性があります。

 

どちらも勢いのある企業なので、株価が下がった時に購入したいと思っています。

時価総額もう少し低ければ文句無しですが、時価総額の高さを補うほどの良い部分があるのでお気に入りの銘柄になります。

 

銘柄の選定方法は以下の記事通り行っています。

株の銘柄選びのコツ|2倍3倍・・・10倍株を探す

続きを見る

 

ヤマダ電機は株主優待が欲しくて欲しくて・・・。

9月はヤマダ電機の株主優待の月ですから、買いたいなぁと思っています。

 

最近は株価も下落基調のため狙っています。

 

7月第1周目の投資結果を見て

コロナ第二派が来ているなか、さらなるコロナショックにブーストがかかりそうな予感がしています。

 

その時に向けて銘柄を選定しておく必要があると感じました。

またコロナの影響を受けづらい銘柄も候補として上げておきたいですね。

 

今のところ、コロナの影響を大きく受けそうな銘柄は”手間いらず”のみ。

下がっても再び上昇してくれる強さを持った銘柄なので、悲観視はしていません。

 

 かぶゆめ速報はブログ村のランキングに参加しました! 

記事が役に立った、応援してくれる人!

是非1クリックよろしくお願いします。

ブログ村(公式)応援ありがとうございます!

-投資結果報告

© 2020 かぶゆめ速報 Powered by AFFINGER5