資産運用

家を今買うか?それとも後にするか?僕が賃貸の物件に住んでいる理由

 

こんにちは、かぶゆめ速報です!

家を買う派?それとも賃貸派?どちらがお得かはさておき、僕は僕の生活を楽しむために家を買おうと思います。

 

だけど家を買うのは今じゃないです。

持ち家の維持費や賃貸の家賃、投資も含めて後に家を購入した方良い理由を書いて行きます。

 

賃貸の物件に住んでいますが、将来絶対に家を買う

僕は将来、絶対に家を買います。

庭で家庭菜園や果実のなる木を植えて生活を楽しみたいし、生き物を飼育して庭で遊びたい!

 

家族でバーベキューやプール遊びもしたい・・・やりたいことが沢山あります。

それは賃貸物件では叶わないので、家を購入することを目標としています。

 

だけど何故今のウチから家を購入しないのか?と思われるので、僕の考えを紹介します。

 

家の維持費は年間いくらかかる?

以下のサイトによると30年間家を保有していた時にかかる費用を年間ベースで出すと、年40万円近くかかるそうです。

 

更に、お金を借りた時にかかる金利もあります。

ザックリと変動金利と固定金利で借りた時の1年間にかかる金利が以下になります。

 

2,000万円のお金を0.5%で借りた時は年10万円の金利が発生(変動金利)

2,000万円のお金を0.1%で借りた時は年20万円の金利が発生(固定金利)

 

家の維持費と合わせると

年50万円(月:4.16万円)

年60万円(月:5万円)

 

但し、借入金額は毎月返済していくので少しづつ減っていく予定です。

 

新築の間は家の修繕費用がかかりませんが、年数を追うごとに修繕費用が増加していく傾向にありますね。

それをトータルとして考えた時、金銭面では賃貸と大きく違わないのには驚きました。

 

賃貸暮らしをしている僕の家の家賃

現在住んでいる賃貸物件の金額が月6万円です。

将来子供ができた引っ越したとしても月7万円程度になると思っています。

 

30年後には何が残る?

30年後、持ち家の場合は30年経った家が残ります。

賃貸の場合は何も残りません。

 

こうやって見ると劣化した家でも残るものがある分、家を購入した方が良いのではないか?と思います。

 

しかし僕は気が付いた。

家を購入するのはアリだけど、順序を間違えると痛い目を見ると言うことを・・・

 

家の頭金に使うお金を投資に回すとどうなる?

仮に頭金を300万円用意できるとして、この300万円を家に使うのと、投資に回すのでは天と地ほどの違いがある。

 

家の購入に頭金の300万円を使うとする。

そうした時に300万円は何も生み出すことなく家の支払いに消えていきます。

 

しかし300万円を投資に回した時、仮に年率5%で運用できたらどうなるだろうか?

 

30年後にはこの300万円が1,300万円弱に化けます。

30年運用した時のトータルの収益の平均額は年33万円、月に直すと2.7万円になります。

 

このお金で新築の家を購入する足しにすれば良いと思いませんか??

 

まぁ、これは極論ですけどね。

30年後に家を購入すると僕の年齢は60歳になります。

 

そんな時に家を購入しても何も嬉しくありませんからね。

 

家を購入するのは子供がある程度大きくなったタイミングが良い

家を購入するのは子供がある程度大きくなってからで良いと思っています。

 

子供の人数によって家の作りを変えていきたいし、2人や3人だと必要以上に広い家も必要ないですからね。

子供が10歳くらいまでは賃貸で良いかな?

 

となると最低でも10年間お金を運用できるので、300万円を保有している場合、年率5%の運用で490万円になる計算になります。

 

300万円を5%で運用した時の運用資産表を作成しました。

それと月3万円(年36万円)・月5万円(年60万円)・月10万円(年120万円)の資金を追加で投入した時の運用資産も表示させています。

 

子供にお金があまりかからない10歳くらいまでは月3万円~5万円の追加投資が可能だと思います。

 

積み立てNISAを使えば夫婦合わせて80万円の枠があります。

投資を止めた時、利益に対して税金がかからないので絶対に活用すべきです!

 

このことから、僕は家を今購入するのではなく10年後以降に購入をしようと思いました。

 

投資対象銘柄はインデックスファンドがオススメです。

インデックスファンドの選び方は以下の記事で紹介をしています。

初心者でもできる投資信託の選び方|99%が地雷だからこそ逆に選びやすい

続きを見る

 

インデックスファンドだけだと厳しいですが、個別株投資も混ぜて年率7%の運用ができたら以下のようなグラフになります。

 

10年後、投資に回してた資金で家を購入すれば良い?

正直なところ分からん!!

 

でも僕だったらインデックスファンドを購入していたお金で高配当株を購入します。

高配当株によって得られるお金で家のローンの返済をしていくと、金の成る木を残すことができるからです。

 

一括で支払わない分、ローンの金利を余分に支払うのが嫌ですが、金の成る木が無くなる方が僕は嫌なので配当金でローンの支払いをする選択を取りますね。

 

配当金+会社員の給料をローンの返済に充てれば、予想よりも早く返済することが可能になります。

 

インデックスファンドの購入に適した証券会社

SBI証券

楽天証券

SBI証券、楽天証券を選んだ理由はNISA・つみたてNIS関係なく使い勝手が良い点、情報量やツールの使いやすさから選びました。

 

SBI証券では「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」がオススメです。

楽天証券では「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」がオススメです。

 

楽天証券の投資信託検索機能が微妙だったので一番良い投資信託を選べたか分からないです。

ちなみに「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」はSBI証券でも購入することができる。

 

以上で今回の記事を終わります。

また次の記事でお会いしましょう(/・ω・)/

 

 かぶゆめ速報はブログ村のランキングに参加しました! 

記事が役に立った、応援してくれる人!

是非1クリックよろしくお願いします。

ブログ村(公式)応援ありがとうございます!

-資産運用

© 2020 かぶゆめ速報 Powered by AFFINGER5