資産運用

SBI証券で貸株サービスを利用して1週間|いくら貰えたのか結果を報告

 

こんにちは、かぶゆめ速報です!

 

SBI証券で貸株サービスを利用した結果、いくらもらえたのか結果を報告。

 

ついでに貸株サービスの「良かった点・悪かった点・1年間に貰える貸株金利や配当金・ウザイ自慢話」など書いて行こうと思います。

スポンサーリンク(DMM証券)

SBI証券で貸株サービスを利用して1週間|いくら貰えたのか結果を報告

僕はSBI証券で貸株サービスを利用しています。

 

以前にも貸株サービスを利用していましたが、存在を忘れてて1週間前から再度開始しています。

 

その結果が以下になります。

 

1週間で貰った貸株金利は846.82円

 

どうでしょうか?

多い?それとも少ない??

 

1日当たり貰える金利は120.97円

 

☆缶の飲み物を1本買うことができます。

☆ご飯のお供に一品買うこともできます。

 

ちょこっと贅沢が可能ですね。

 

僕がSBI証券で貸株サービスを利用している銘柄

僕がSBI証券で貸株サービスを利用している銘柄は以下になります。

 

左から順に「貸株金利振込日・銘柄名・株数・評価額・利率・振込金利」となっています。

 

最近、ハウテレビジョンを購入したので明日にでもなれば、ハウテレビジョンが追加になる予定ですな!

 

もしハウテレビジョンが追加されたら1日当たり5円の貸株金利が追加されます。(ちりつも~)

 

見て分かる通り、銘柄によって金利が変わってきます。

⇒SBI証券(公式)で口座開設

 

貸株サービスの(僕の思う)良い点・悪い点

貸株サービスを利用してみて、良い点はありますが悪い点は見当たらないです。

良い点

ノーリスクで貸株金利が貰える。

 

貸株金利の高い銘柄は株価が下がりやすいとか、証券会社が倒産すれば貸した株が返ってこない等のデメリットを書いている人もいます。

 

しかし僕にとってはリスクとは感じていません。

理由は上がると思った銘柄を購入しているので、貸株金利が高かろうが低かろうが銘柄を購入するからですね。

 

証券会社だってそう、倒産するような証券会社では貸株サービスを利用しません。

 

デメリットで強いて言うなら、長期保有で株主優待がグレードアップする銘柄は継続期間がリセットされるくらいです。

 

でもその銘柄だけ株を貸さなければ良いだけなので、これも僕にとってはリスクとは言いません。

 

よってリスクは無くメリットしかないと言えます。

 

1年間に貰える貸株金利

貸株金利は頻繁に変更されるので正確にはいえませんが、”もし貸株金利が1年間変わらなければ”と仮定して計算してみます。

 

ハウテレビジョンも追加した時の貸株金利を計算します。

貰える貸株金利

1日:125.97円

1か月:3,779.1円

1年:45,349.2円

 

どや!!

 

4万5,000円あればiPhoneSE2が買えるのでは?

 

貸株金利は神ってる!!

 

更に言いたいことがある。

 

僕には配当金と言うものがあるんだ。

以下の記事でも少し触れましたが、1年間に貰える配当金が6,180円あります。

貸株サービスを使って配当金生活にゆとりを☆金利長者に、俺はなる!

続きを見る

 

ポイント

配当+貸株金利=51,529円

 

どや!!!!

 

最後にもう一つ言いたいことがある。

 

貸株サービスを始める前に1日に貰える金利を計算したら「113円」でした。

 

ハウテレビジョンで追加された5円を差し引いても貸株金利が増えてね?と思うわけです。

「113円⇒120円」7円UP!!

 

そうなんです。

貸株金利は評価額に対して利率がかかるので、株価が上がると貸株金利も上がる☆

※逆に株価が下がると貰える貸株金利も下がる。

 

僕としてはそうですねぇ。

来年の今頃には株価が2倍・・・いや3倍になっている予定なので1年に貰える貸株金利は「4万5000円×3=13万5,000円」ってところですね(the・皮算用)

 

貸株サービスはSBI証券がオススメ

貸株サービスはSBI証券がオススメです。

⇒SBI証券(公式)で口座開設

 

理由は貸株で得られる金利が高いのと、貸株に該当する銘柄が多いからです。

 

大型銘柄の保有をしている人は松井証券がオススメです。

 

大型銘柄は貸株金利が低い傾向にあります。

だいたい0.1%ですね。

 

しかし松井証券は最低貸株金利が0.2%なので、他の証券会社よりも0.1%高いです。

僅かではありますが、松井証券もオススメですね。

 

以上で、「SBI証券で貸株サービスを利用して1週間|いくら貰えたのか結果を報告」の記事を終わります。

また次の記事でお会いしましょう!

ツールや情報量で選ぶならSBI証券

SBI証券

取引ツールが使い易い

情報量が豊富・セミナー動画を見る事も可能

投資信託の取扱数が多い

10

取引ツール

10

情報量

10

投資信託本数

8

手数料

 

 かぶゆめ速報はブログ村のランキングに参加しました! 

記事が役に立った、応援してくれる人!

是非1クリックよろしくお願いします。

ブログ村(公式)応援ありがとうございます!

-資産運用

© 2020 かぶゆめ速報 Powered by AFFINGER5