生活

まだ間に合う!ふるさと納税しなくちゃ損!

ここ数年でよく聞くようになった「ふるさと納税」。

 

わたしも結婚してからするようになりました。

 

今の時期からでも全然遅くはありません。間に合います。12月31日までです!

 

ふるさと納税に興味はあるけど良く分からない、何を選んだらいいのかわからない。

 

そのような方の参考に少しでもなればと思います。

 

そもそもふるさと納税とは?

応援したい自治体(都道府県どこでも可能)に寄付が出来、その寄付金の返礼品として自治体から品が送られてきます。

 

その寄付した金額のうち2,000円を除いた額が翌年の住民税・所得税の控除に使用されます。

 

つまり、翌年の税金が安くなる!

 

そして、実質2,000円で返礼品を受け取ることが出来るのです。

 

とっても素敵な制度!

 

ふるさと納税のメリット

豪華な返礼品がもらえる

返礼品の種類は様々でお肉や魚介類、お米、野菜、果物、お菓子、家具や旅館・ホテルの宿泊券など多岐にわたります。

 

その中から気に入った返礼品がもらえる自治体へ寄付をすることで実質2,000円でその品々を手に入れることが出来ます。

 

税金の控除が受けられる

 

ふるさと納税の醍醐味ともいえる税金の控除です。

 

寄付をした合計金額から2,000円を引いた額が控除されます。

 

控除は翌年の6月から所得税や住民税から月々控除される仕組みとなっています。

 

【注意!!】

特に女性の方、今後産休・育休に入るタイミングによってはふるさと納税で損をする可能性があります。

 

年の途中で産休・育休に入る方はしっかりと控除を受けられる上限金額を計算したうえでふるさと納税をするかどうか確認をしましょう。

 

ほぼ一年(年末)まで働いた後に産休・育休に入るのであればあまり影響はありません。

 

ふるさと納税の注意すべき点

税金の控除には条件がある

ふるさと納税自体は誰でもすることが可能です。

 

ただし、税額控除については受けられる人と受けられない人がいるため注意が必要です。

 

それは納税者であることです。

 

所得のない専業主婦(夫)や子供、給与所得が103万円以下の収入がある方も恩恵を受けることができません。

 

ただただ、自治体に高い寄付をしただけになってしまいますので注意しましょう。

 

税額控除には上限がある

納税すればするほど控除が受けられるならたくさんしなきゃ!というのはいけない考え方です。

 

所得に応じて納税による控除の恩恵額が変わってくるためです。

 

計算を間違えてしまうと思ったより控除を受けることができなかったり、控除額が上限を越えたために自治体に本当に寄付する形になってしまいます。

 

損をしないようにシミュレーションをきちんと行いましょう。

 

「ふるさと納税 控除シミュレーション」

 

等で検索するといくつも計算できるサイトが出てきますので、参考にしてください。

 

申込者の名前や住所に注意

ふるさと納税は控除を受ける人の住所・名前で申し込みをしないといけません。

 

これらが違うと控除が受けられなかったり、ワンストップ制度が受けられなかったりと面倒なことになるので注意しましょう。

 

>>わたしは住所が実家になっており、住民票と違っていたので確定申告をするか、住所変更の書類を提出しなければなりません。(とても面倒ですが仕方ありません・・・)

 

確定申告・ワンストップ制度が必要

年末に確定申告、もしくは自治体から送付されるワンストップ特例制度をする必要があります。

 

ワンストップ制度を利用する方は翌年の1月10日必着で送付しましょう。

 

この日までに届かないとワンストップ制度が利用できず、自身で確定申告をしなければなりません。

 

ワンストップの用紙が届き次第早めに送付しましょう。

 

そもそもワンストップ制度とは

寄付をするたびに自治体から送られてくる申請書類を郵送することで、確定申告が不要になるとてもありがたい制度です。

 

条件

・寄付をした自治体が5自治体以内

・確定申告をしない人

 

医療費控除や住宅ローン控除初年度の方は確定申告が必要なのでワンストップ制度は利用できません。

 

>>我が家の旦那も株での収入を『源泉徴収なし』にしていたがために、ワンストップ制度が受けられないことが判明し嘆いていました。(笑)

 

本当にとっても簡単!ふるさと納税の流れ

○寄付金額の上限を調べよう

 

○寄付する自治体と返礼品を決める

 

○申し込みをする(1月~12月)

 

さとふるのHPはこちらから ↓ ↓


○返礼品と書類を受け取る(ワンストップ制度の書類は返礼品とは別に届くことが多いです)

 

○税金控除のための手続きをしよう(ワンストップ制度を利用:書類を翌年1月10日必着にて郵送。もしくは、確定申告を行う)

 

○住民税・所得税が控除される(翌年6月以降)

 

これらだけの手順でふるさと納税を行うことが出来ます。

 

どうでしょう、簡単ですよね?

ちなみに欲しい返礼品から探すのが我が家流。(毎年食べ物ばかりで冷凍庫がパンパンに・・・)

 

ランキングが気になる方はこちらからどうぞ。


もちろん、還元率などで返礼品を探すのもいいと思います。

 

それは人それぞれということで。

 

まとめ

ふるさと納税、ひも解いてみるととっても簡単に節税もできて高価な品まで貰えるとってもお得な制度です。

 

注意すべきことを気を付けながら楽しくふるさと納税をしちゃいましょう!

 

 かぶゆめ速報はブログ村のランキングに参加しました! 

記事が役に立った、応援してくれる人!

是非1クリックよろしくお願いします。

ブログ村(公式)応援ありがとうございます!

-生活

© 2020 かぶゆめ速報 Powered by AFFINGER5