資産運用

トリドールHDが上値抵抗線ブレイクアウト!権利付き最終日に向けて上昇の予感

 

こんにちは、かぶゆめ速報です!

 

トリドールHDがついに上値抵抗線をブレイクアウトしました!

 

今後の株価はどうなるのか!?

次の破るべき抵抗線はどこなのか?

 

いくつか視点を変えてトリドールのチャートを見て行こうと思います。

スポンサーリンク(DMM証券)

トリドールHDの株価情報と株価チャート

株価情報

株価:1,317円(20/8/22)

権利確定月:3月・9月

PER:-

PBR:2.47倍

配当利回り:0.47%

配当+優待利回り:5.02%

トリドールの株主優待

 

トリドールの日足チャートと月足チャートです。

週足チャートは特に話すことが無い(日足チャートと内容が被る)ため割愛します。

トリドール:日足チャート

トリドール:月足チャート

 

今回はこの2つのチャートを使って話をしていきます。

 

トリドール日足チャートにトレンドラインを引いてみた

トリドールの日足チャートにトレンドラインを引いてみました。

トリドール:日足チャート

 

高値と安値を線で結んだら三角持ち合いの形をしているのが分かります。

図で表すと以下のような感じです。

 

三角持ち合いの時は、抵抗線と支持線の間を株価が行き来します。

 

しかし先日から①上値抵抗線を③ブレイクアウトしてきました。

これで膠着状態から脱し、株価が上昇しやすくなったと言えます。

 

この③ブレイクアウトにより、今まで抵抗線として株価上昇の邪魔をしていた①が株価を下支えしてくれる支持線へと変わります。

 

もし株価が下落に転じても①のラインで下げ止まってくれる可能性が高くなります。

イメージとしては以下になります。

 

もう一枚、トリドールの日足チャートを違う視点から見てみましょう。

 

トリドールの株価が8/19に③窓を開けて始まりました。

この価格帯では誰も売買せずに上昇をしたため、②で購入した人が売りに回る可能性が出てきています。

 

また、①で購入した人もあと少し上昇をすれば購入した時と同じ価格になることから、早く売却して清算したいと思っているでしょう。

 

このような下落リスクはありますが、売りを上回るだけの買いが入ると見ているため、僕の予想は窓埋めナシの上目線で見ています。

 

1,350円~1,400円付近で横横からの④上値抵抗線のブレイクアウトをすると思っています。

 

あと1か月もすれば優待券の権利付き最終日となるため、少しでも下がったら買いたい勢が多いと見ています。

なので下落することなく、買いが買いを呼ぶパターンになると予想しています。

 

ポイント

抵抗線上抜けにより買い優勢。

優待権利確定日が近いことから買い優勢。

含み損を抱えている人の売りが多少あれど、売りをこなして買いの上昇優勢(予想)。

 

予想に反して下がった場合はどうする?

今の時点で5%の総合利回り(配当利回り+優待利回り)があるので、売る理由は無いと思います。

 

むしろ200株までは優待利回り的にも買い増しがアリだと思います。

買いポイントを探った方が良いでしょう。

 

※200株保有・・・100円券40枚。1年以上保有で追加で30枚!

 

損切りは特に考えていませんが、もし損切りをするなら1,100円割れの時かなぁ。

 

トリドール月足チャートにトレンドラインを引いてみた

週足チャートは大して話す事が無かったので割愛します。

 

月足チャートでは以下のように3本のラインを引いてみました。

 

①の上値抵抗線と②の下値支持線の間を株価が行き来しています。

少し前に話したように三角持ち合いの形になっていると言えますね。

 

月足で見ると、まだ①上値抵抗線を抜くことができていません。

1,350円辺りが①抵抗線なので1,350円が鬼門と言えるでしょう。

 

日足チャートでも1,350円~1,400円で横横と予想しています。

中々株価が上がらずにやきもきするかもしれませんね。

 

※月足のトレンドラインは日足や週足よりも力が強いので、特に注意が必要です。

 

今回、上値抵抗線を抜けてくれると”強さが本物”と判断できるのではないでしょうか。

 

もう一枚、月足に別の視点からトレンドラインを引いてみました。

 

この形は三尊天井と言って、”ある特徴を持った”3つの山を形成した後に②下値支持線を下回ると「売り」と判断できるものです。

 

今後の株価次第で三尊天井からの脱却なるか!?と言ったところですね。

 

”ある特徴を持った”を図に表すと以下になります。

 

株価が高値圏で3つの山を形成します。

中央の山が一番高く、3番目の山が中央の山を越えられない且つ、一番低い谷を株価が下回った時は「強い売りサイン」となるものです。

 

月足チャートで見たトリドールは売りサインが出ていません。

 

ポイント

月足チャートでは抵抗線上抜け未達成。今後に期待。

日足チャート同様に1,350円~1,400円で株価の上昇が鈍化する予想。

三尊天井の形をしている。抵抗線を割ると売りが優勢。今は心配ない。

 

日足チャートにて「MACD・RSI・ストキャスティクス」を確認

トリドールの「MACD・RSI・ストキャスティクス」を確認してみます。

黄色の枠で囲ったところ、上から順に「MACD・RSI・ストキャスティクス」となっています。

 

画像が小さくて分かりづらいので拡大したのが以下になります。

MACD・・・2本の線が上向きで強気を表しています。

RSI・・・80以上に線が上昇すると買われすぎと判断できます。少し高い位置にいますね。

ストキャスティクス・・・RSIと見かたは一緒。80のラインを超えているので高値圏です。

 

MACD

2本の線がゴールデンクロスして上向きとなると買い相場となります。

僕的にはゴールデンクロスしたら「買い」と見ています。

RSI

株が買われすぎ、売られ過ぎを表す指標です。

80以上で買われすぎ、20以下で売られ過ぎと判断します。

ストキャスティクス

株が買われすぎ、売られ過ぎを表す指標です。

80以上で買われすぎ、20以下で売られ過ぎと判断します。

 

RSIの指標とストキャスティクスの指標が高い位置にあり、売りが出やすくなっています。

 

しかしMACDを見ると、流れとしては「買い」だと思います。

もう少し伸びるのでは?と予想しています。

 

ちょこっと宣伝

株価チャートの読み方で参考になる本が以下になります。

今回紹介をしたような三角持ち合いやRSI・MACDの話も出てきます。

初心者目線で作られている本なので読みやすかったです。興味のある方は参考にどうぞ(・ω・)ノ

トリドールはいつ買えば良いの?

Q:トリドールはいつ買えば良いのか?

A:冗談抜きで「今」です。

 

直近の安値が1,100円、今の株価が1,317円なので20%近く上昇していることになります。

20%の上昇は大きく感じ、押し目を作っても不思議ではないと思います。

 

しかし押し目って何処だろう?という話です。

 

可能性があるとするなら、①窓埋め②1,300円割れの2パターンだと思います。

 

仮に窓埋めまで株価が下がっても数十円程度です。

それよりも株価が100円、200円上昇すると見ているので押し目を待つ必要はないと思います。

 

リスクとリターンの目線から見てもお得!

 

8/24の始値次第ですが、総合利回りが5%台で買えるチャンスも少ないことから「今」を推奨。

 

以上で「トリドールHDが上値抵抗線ブレイクアウト!権利付き最終日に向けて上昇の予感」の記事を終わります。

また次回の記事でお会いしましょう(/・ω・)/

 

 

☆☆☆ 僕たちが使用したり検討している商品を楽天ROOMにて紹介しています。 ☆☆☆

生活用品から美味しい食べ物まで揃えています( ^^) _旦~~

 

 かぶゆめ速報はブログ村のランキングに参加しました! 

記事が役に立った、応援してくれる人!

是非1クリックよろしくお願いします。

ブログ村(公式)応援ありがとうございます!

-資産運用

© 2020 かぶゆめ速報 Powered by AFFINGER5